オーディオブックストア比較

【徹底比較】2大人気「オーディオブックJP」「オーディブル」どっちが良い?【2020最新】

オーディオブックを使ってみたい人「Audibleとaudiobook.jpがあるのはわかったんだけど、結局どっちが良い?比較して決めたい」「どんな人がそれぞれ向いているの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・Audibleとaudiobook.jpのプランや料金の違いを比較

・タイプ別のオススメのプランを比較

筆者はオーディブルとaudiobook.jpの両方のサービスを比較しながら、一年以上利用しています。

それぞれの特徴について紹介していきますね!

なうねば
なうねば
どっちも良いサービスなので、とりあえず直感で良いものを選えば意外とアタリ引けますよ!
記事のもくじ
  1. Audibleとaudiobook.jpの比較・違いを紹介
  2. 【徹底比較】あなたはどっちのタイプ?ニーズ別に比較していくよ!
  3. 【提案】迷ったらステップ式で比較しながら慣れよう!
  4. 以上、「【徹底比較】2大オーディオブック Audibleとaudiobook.jpどっちが良い?」でした!
  5. おまけその1:Audible(オーディブル)by Amazon
  6. おまけその2:audiobook.jp(オーディオブック)by オトバンク
  7. おまけその3:やっぱりオーディオブックって色々使える!

Audibleとaudiobook.jpの比較・違いを紹介

日本語作品を販売するオーディオブックストアは沢山あります。

これらを比較してみると、本屋と同じレベルで日本語のオーディオブックを売っているのは、実質「Audible」と「audiobook.jp」の2つしかありません。

なうねば
なうねば
先に2大オーディオブックストアの特徴を比較表でまとめるとこんな感じ!
サービス名Audibleaudiobook.jp
「聴き放題プラン」
audiobook.jp
「月額会員プラン」
料 金月額1500円月額750円300〜30,000円をプリペイド
購入冊数毎月1冊読み・聴き放題保有ポイント次第
対 象日本語 約1万冊日本語 約1万日本語 約2万
解約後聴ける聴けない聴ける
主な特徴エンタメ・洋書が豊富ジャンル幅広い古典・名著なビジネス書がある

【徹底比較】あなたはどっちのタイプ?ニーズ別に比較していくよ!

まずは、オーディオブックを比較していく上で大事なのは「あなたがどう使いたいか」です。

なるべく沢山あなたの要望を提案してみますので、気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

  1. なるべく安く・たくさん読みたい!
  2. なるべく沢山の本のなかから選びたい!
  3. 解約した後でもじっくり聞きたい!

比較結果1:なるべく安く・たくさん読みたい!

1冊あたりのおおよその購入価格で比較してみると、

  • Audibleは1500円
  • audiobook.jp 聴き放題は750円(月1冊と想定)
  • audiobook.jp 月額会員プランは高くても2000円(本の値段はまちまち)

「毎月の料金がとにかく気になる!」という人は、audiobook.jpの「聴き放題プラン」が圧倒的に良いです。

他のサービスと比較しても対象作品は1万冊とかなりの冊数があります。

例えば、読書するペースが早い、沢山いろんなジャンルを試してみたい、という「広く」ジャンルをまたいで使いたい人には特におすすめです。

>>今すぐ公式アプリから無料体験(24時間いつでも退会可)

比較結果2:なるべく沢山の本のなかから選びたい!

各種サービスの日本語作品のタイトル数を比較すると、こんな感じ!

  • Audibleは約1万/洋書は40万冊
  • audiobook.jp月額会員プランは2万冊以上
  • 上記のうち、audiobook.jp聴き放題プランは約1万冊

また、ざっくりのラインナップの特徴から選ぶなら、

ラインナップの特徴から選ぶなら

洋書を聞きたい
ビジネス書を中心に新しい本が読みたい
エンタメ系も聞きたい
⇒Amazonオーディブル

名著を中心にベストセラーを読みたい
⇒audiobook.jp月額会員プラン

という選び方で間違いないと思います!

【おまけ】

2020年に入ってから、audiobook.jpの聴き放題プランについては、期間限定作品で新し目のビジネス書がリリースされるようになっています。

なうねば
なうねば
これはこれで魅力的なタイトルが増えてきましたよ〜

>>今すぐオーディブル30日間無料体験へ(解約はいつでも可能です)

比較結果3:解約した後でもじっくり聞きたい!

気に入ったオーディオブックは何度も聞き返したいですよね。

それぞれのサービスが解約後どうなるかを比較してみるとこんな感じ。

  • Audibleとaudiobook.jp月額会員プランは解約後も聴ける
  • audiobook.jp聴き放題プランは解約後聴けない

Audibleとaudiobook.jp月額会員プランは「買い切り」方式となっているので、解約した後でも聞けるのは安心!

もし解約後も長く楽しみたいという方はこの2つから選んだ方が良いです。

>>今すぐオーディブル30日間無料体験へ(解約はいつでも可能です)

>>今すぐ公式アプリから無料体験(24時間いつでも退会可)

途中のまとめ:要望別に比較して選ぶとこんな感じに

一旦、それぞれの特徴についてまとめておきます!

・Audibleは月額1500円でちょっと割高だが、買い切り方式なので安心。ただし専用アプリが必要

・audiobook.jp聴き放題プランは月額750円と割安で1万冊が対象。

・audiobook.jp月額会員プランは買い切り方式+mp3ダウンロードも可と長い目で見て安心して使える

それぞれで特徴があるので、好みに合わせて好きなプランを選んで行きましょう!

なうねば
なうねば
うーん、迷っちゃう!(語彙力)

また、ここまで比較してきてなんですが、次に紹介するステップ式で全部試してみるのが結局効率が良いのでは?というのが管理人の結論だったりします

【提案】迷ったらステップ式で比較しながら慣れよう!

190320 01

要望別に比較して考えるのも良いですが、そもそも、あなたが「どの程度オーディオブック」と相性が良いか・慣れているのか、という点も重要です。

例えば、ラジオを良く聞いているとか、youtubeをラジオ代わりに使っている人は、きっとオーディオブックに対する慣れるスピードが全然早いはず。

なので、どんどん欲しい作品を買っていくのが正解!なんですが、ほとんどの人が初めて使うケースが多いと思います。

なので、このブログでは、3ステップでそれぞれのサービスを比較しながら、順番になれていく方法を提案します!

つまづきイノシシ
つまづきイノシシ
無料という言葉に惹かれます!

STEP1:【無料で可】最初の一冊はAmazon Audibleで無料でGET
STEP2:【無料で可】もっと早く慣れるためにaudiobook.jp「聴き放題プラン」でたくさん聞く
STEP3:完全に慣れた!と思ったら長く聞ける名作をaudiobook.jp「月額会員プラン」でゲットする

それでは順番に見ていきましょう。

STEP1:【無料で可】最初の一冊はAmazon Audibleで無料でGET

Amazonが運営するオーディオブックストアAudibleは、ほぼ年中1冊無料キャンペーン(30日間無料)を開催しています。

なので他のストアと比較しても、これからオーディオブックを始めたい!という人にピッタリです。

Amazonが無料でくれると言っているので素直にもらっておきましょう(笑)

今すぐ30日間無料体験へ
解約はいつでも可能です。


>>Amazonオーディブルについての解説記事はこちら(内部リンク)

STEP2:【無料で可】もっと早く慣れるためにaudiobook.jp「聴き放題プラン」でたくさん聞く

他のサービスと比較して、聴き放題プランの最大のメリットは「失敗しても気にならない」ことです。

なので、色んなジャンル・作品にどんどん挑戦できます。慣れるまでどんどん試して行きましょう。

対象作品は1万冊なので、自分が聞けば聞くほどどんどんお得になる、という鬼のようなコスパの良いサービスです。

今すぐ公式アプリから無料体験
解約はいつでも可能です。


>>audiobook.jpについての解説記事はこちら(内部リンク)

STEP3:完全に慣れた!と思ったら長く聞ける名作をaudiobook.jp「月額会員プラン」でゲットする

ある程度自分の中にオーディオブックは使いこなせる!という感覚が出てきたなら、名著を手に入れておきましょう。

他のサービスと比較して、名著と呼ばれるような作品が豊富にあるのはaudiobook.jpの「月額課金プラン」です。

特にビジネス系の本を手に入れたいと思っている人は、このプランで手に入れて長く聞ける作品を手に入れておきましょう!

>>audiobook.jp「月額会員プラン」について詳しくはこちら(内部リンク)

以上、「【徹底比較】2大オーディオブック Audibleとaudiobook.jpどっちが良い?」でした!

最後に本記事のポイントをまとめておきます。

  • オーディオブックサービスを比較すると、実質的に本屋にあるようなラインナップがあるのはAmazonオーディブルかaudiobook.jpのふたつ
  • なるべく安く使いたいなら聴き放題プランのあるaudiobook.jp、幅広いラインナップから最初の一冊を手に入れるならAmazonオーディブルがおすすめ
  • とはいえ、両方とも良いサービスなので、比較しながらステップ式で両方使う方法をこのブログではご提案したいです!

ということで、この機会にぜひオーディオブックを初めてみてくださいね!

>>今すぐオーディブル30日間無料体験へ(解約はいつでも可能です)

>>今すぐ公式アプリから無料体験(24時間いつでも退会可)

以上、「【徹底比較】2大オーディオブック Audibleとaudiobook.jpどっちが良い?」でした!

>>>カテゴリ:アプリ・ストア比較の記事一覧へ

おまけその1:Audible(オーディブル)by Amazon

ここからはそれぞれのサービスを解説していきます!

Audible(オーディブル)は、世界のAmazonが運営しているオーディオブック大手のサービスです。豊富なラインナップが魅力です。

Audibleの月額料金

Amazonが運営するAudibleの料金は、月額1,500円です。

それで毎月1コインが貰えるので、そのコインで好きな作品を1冊買えます。

一度購入したオーディオブックは、月額会員を解約後も聴き続けることが可能です。

コインを使い切っても、非会員価格の30%割引で購入が出来ます。

購入したタイトルの返品や交換も可能です。

会員特典として、聴き放題コンテンツ「Audible Station」もあります。コメディーや落語など、エンタメが毎日更新されています。

Audibleの書籍ラインナップ

日本語の購入対象冊数は1万冊ですが、海外も含めるとなんと40万タイトル!

英語だけじゃなく38ヶ国のコンテンツがあって、さすがAmazon。他のストアと比較しても、やはりグローバルなラインナップになってますね。

Audibleはエンタメや洋書に強く、ベストセラー、自己啓発、教養、語学、落語、アニメ、などジャンル様々取り揃えがあります。

Audibleを利用するメリット

Audibleのメリットを他のサイトと比較してまとめるとこんな感じ!

  • 最初の1冊が無料で聴ける
  • 返品・交換が出来る
  • 月額会員解約後も購入作品は聴ける
  • 追加購入は30%OFFで購入出来る
  • Audible Stationを聴ける
  • エンタメ系、洋書が充実している

ナレーターの声が合わなかった、イメージと内容が違った、という場合には返品も可能なのは、器の大きさを感じずにはいられませんね(ヨッ大企業!!)

>>今すぐオーディブル30日間無料体験へ(解約はいつでも可能です)

おまけその2:audiobook.jp(オーディオブック)by オトバンク

2つ目のオーディオブック「audiobook.jp」は、株式会社オトバンクが運営しているサービスです。

オーディブルに並ぶ大手のオーディオブックになります。2007年からサービス開始しています。

audiobook.jpの月額料金

audiobook.jpの料金プランは、大きく分けて2つあり「聴き放題プラン」と「月額会員プラン」に分けられます。

料金やシステムはこのようになっています。他のストアと比較して際立つのは「聴き放題プラン」の存在です(詳細は後述)

聴き放題プラン月額会員プラン
月額750円で聴き放題
解約後は聴けなくなる
初月無料
300~30,000円の金額プラン
1ポイント=1円で作品を購入
解約後も購入分を聴き続けられる

聴き放題プランは、最初の30日間は無料でお試し可能です。

>>今すぐ公式アプリから無料体験(24時間いつでも退会可)

audiobook.jpの書籍ラインナップ

audiobook.jpのラインナップも、ビジネス、自己啓発、語学、実用、資格、文芸、落語、アニメとたっぷりで幅広く取り扱っています。

他のサービスと比較してもこの幅の広さは魅力的です。

また、読める冊数は聴き放題プランで1万冊、月額会員プランで2万3千冊あります。

AmazonのAudible(オーディブル)と比較すると、オーディブルは40万冊なのでaudiobook.jpが少なく感じるかもしれませんが、日本語に限って言えば1万冊でaudiobook.jpの方が多いです。

なうねば
なうねば
世界のAmazonに勝ってる~!驚

audiobook.jpを利用するメリット

audiobook.jpのメリットを他のストアと比較した結果、まとめるとこんな感じ!

  • 聴き放題プランがあり初月無料
  • 料金プランが豊富
  • Audibleに比べて安価
  • 期間限定のセールの開催がある

初月無料なので、好きなだけ聴いてみて、聴き放題プランを続けるか、単品購入に移るかを決めることが出来ます。

また1冊1冊がAudibleと比較して安いので、お得に購入可能というメリットがあります。

例えばベストセラー「嫌われる勇気」の定価を比較してみると

  • Audible:3,000円(1コイン1500円でも購入可)
  • audiobook.jp:1,650円

となっており、全体的に価格を比較するとaudiobook.jpが安価です。

>>今すぐ公式アプリから無料体験(24時間いつでも退会可)

おまけその3:やっぱりオーディオブックって色々使える!

なうねば
なうねば
ここからはおまけとして、オーディオブックの魅力について、改めて語っていきます

以前は本の朗読を録音したオーディオブックの形式は、CDや音声データでした。

最近はAudible(オーディブル)やaudiobook.jpでは専用のアプリがあり、より一層気軽にオーディオブックを楽しめる時代になりました。

改めてここからは、

  • オーディオブックのメリットや効果
  • 利用シーン
  • オーディオブックでこそ聴いて欲しいおすすめの作品

を紹介していきます。

オーディオブックのメリットと効果

オーディオブックを使って本を聴くメリットを、リアルな口コミを交えながら解説します。

「ながら読書」で時間を効率的に使える

男性の口コミ
男性の口コミ
片手間で読書ができること。車の運転や通勤、パソコン操作など何かしながら聴くことができる点が最大のメリットだと思います。また、再生速度を変更できたりするので効率よく読書ができますし、持ち運ぶ必要もないので荷物にならない点も良いと思います。
女性の口コミ
女性の口コミ
乗り物での移動の際、本を読んで楽しみたいが席に座って文字を読むことで乗り物酔いをしてしまうので、今までは移動中に本を読めなかった。しかし、オーディオブックは文字を読まずに本や物語を楽しめるので、乗り物の移動でも利用できる点が良いと思う。

オーディオブックは、耳以外は自由です。つまり、他のことをしながらも本が読めるようになります。本来、読書は同時に他のことが出来ませんがオーディオブックであれば「ながら読書」が可能になるんです。

1日に何時間もあった「耳の隙間時間」が本で埋められるって、読書好きにはたまりません。

荷物が増えず本棚がかさばらない

男性の口コミ
男性の口コミ
本自体を持ち歩かなくてもいい点。気軽に本の内容を楽しめるのは便利だと思います。手荷物が減って身軽でしたし、何処でも場所を問わず本を楽しめた点は良かったです。あと、本を買わないので、家の本棚がスッキリして良いです。
女性の口コミ
女性の口コミ
本を購入しなくても良いので、本が増えなくなり、収納に困らない

オーディオブックは、スマホ1台、そして耳だけで楽しめるものです。電子書籍と同じように、荷物が増えることもなければ本棚に本がかさばることもありません。

耳から聴くから目が疲れない

男性の口コミ
男性の口コミ
本を読む上で一番苦手なことは、”文字を読む”ということ。文字が何ページにも渡ってびっしり書いてあると、読み始めてもなかなか先を読む気になれないことが多く、結果的に途中で読むのを諦めてしまうことに。オーディオブックでは目で読むのではなく、”耳で読む”という感覚。
女性の口コミ
女性の口コミ
目で読むのは難しい本でも、耳からなら抵抗なくインプットされ、繰り返し聴くことで最初は分からなかった箇所もだんだん理解できるようになります。

スマホやPC、何かにつけて液晶画面を見続ける習慣のある現代人は、目を酷使していますよね。本を読む際も負担がかかってしまいますが、聴く本なら目の負担を軽減し、休ませてくれます。読書と目の疲労回復が同時に出来ている、というわけです。

目では難しい本も、耳からならスーッと入って来る、という意見も多々ありました。

英語のリスニング力を鍛えられる

女性の口コミ
女性の口コミ
英語を勉強しているのですが、苦労するのが、読み方の理解、発音の習得です。これらは書籍で読んでいると、調べることに時間がかかります。しかし、オーディオブックなら、耳でその音を聞き取ることができ、調べる手間が省けます。スクリプトや元の書籍があればなお理解がスムーズになります。
女性の口コミ
女性の口コミ
英語のリスニングで、利用しました。聴きながら他の用事も出来るので、気楽且つ勉強になります。英語が分からなくても簡単な世界の文学などからだと誰でも知ってるストーリーなので、ある程度は場面が思い浮かび、ストーリーを追う事が出来ました。

オーディオブックには洋書もあり、英語のリスニングの勉強になります。速度は遅くも早くも調整可能なので、初心者向きでもあります。

オーディオブックの利用シーン

オーディオブックのおすすめの利用シーンをまとめました。

  • 通勤中(徒歩、電車、バス)に
  • ドライブ中に
  • 家事をしながら
  • 運動をしながら
  • 寝る前のひと時

耳さえ空いていれば、いつだって聴けるのがオーディオブックの長所です。運転中もよそ見の心配なく本を読み進められてしまう、安心のサービスと言えます。

対話型の小説がおすすめ

基本的にどんな本もオーディオブックに適していますが、特におすすめなのは、対話型で話が進んでいく小説です。複数人がナレーターとして参加し、迫真の演技で臨場感に溢れています。

対話型で進んでいくおすすめの小説も紹介していきますね。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

自己啓発書のベストセラーです。物語は巨匠と悩みを抱えた青年の会話で進んでいき、アドラー心理学の考え方を説いてくれます。

永遠の0 (ゼロ)

映画化もされたベストセラー、百田尚樹の作品。人気声優の江口拓也、櫻井孝宏、豊口めぐみがナレーターとして参加しており、音だけの世界で想像力が掻き立てられます。

君の膵臓をたべたい

2016年本屋大賞2位のベストセラー小説。こちらも人気声優、鈴村健一がナレーターとして参加しオーディオブック化されています。

今一番読まれている記事↓↓

【どのサービスが良いか、もう迷わせません!】


様々あるオーディオブックのサービス、
どれが良いか迷っていませんか?

目的別にまとめて本ブログの徹底比較記事が
お役に立てるかもしれません。

このブログから既に1,000人以上の方が申し込んだ、
実績ある人気コンテンツです!


(´-`).。oO(あれやこれやいろんな切り口からおすすめを選んでるよ)