ライフ

人の世界観の中で生きるのか。自分の世界観を作って生きるのか

たまに「この人の世界観がちゃんとあるなぁ」と思える人がいる。

どういう人かというと、自分のビジョン(何をしたいのか)が明確で、タスクも課題も把握していて、ブレがない。

そして何より、その人らしい人柄もその仕事の中身に感じる。

結果的に、周りの人はこんな人とまた仕事をしたい!と多くの人が感じるのだ。

こんな人に自分もなりたいと心底思う。

そもそも世界観とは何か

なぜ僕は本を読み、日記を毎日書くのか。

それは自分の世界観を作るためだ。自分の世界観を作リ金と時間を手に入れ、自由な生活を送りたい。

そのためには自分の中に深く入り込んで行って、自分の世界観を作らなければならない。

そもそも世界観とは何か。

世の中を自分自身がどう見ているのか、どう感じているのか、その視点や視野の集合だと思っている。

例えば、なんでもいいのだけど、農業という言葉を聞いた時に、その人の世界観によって見え方は大きく異なる。

単に食べ物を思い浮かべる人もいれば、先日見た新しい農業ビジネスを思い出す人もいる。ある人はこのネタで起業しようと思っている人もいる。

世界観は、この視点や切り口や考えを持つことだと思っている。世の中を見る目の解像度をあげていく行為でもある。

僕らはこの世界観を、自分らしいユニークなものにしなければならない。

そして、その世界観を他人に理解してもらい、共感してもらい、それにお金を払ってもらう必要がある。

サラリーマンから脱出したいと思っているなら、なおさらその重要度は増していく。

是非、このブログから自分の世界を見つけるきっかけになれば嬉しい。

世の中には2種類の人間がいる。 それは、「原液」を作る者と「原液」を薄める者だ。
「原液」を作れば、自分の分身が勝手に働いてくれる。
あなたは「原液」を作れているだろうか。
「多動力」堀江貴文 著

▲このブログのTOPへ戻る▲

今一番読まれている記事↓↓

【どのサービスが良いか、もう迷わせません!】


様々あるオーディオブックのサービス、
どれが良いか迷っていませんか?

目的別にまとめて本ブログの徹底比較記事が
お役に立てるかもしれません。

このブログから既に1,000人以上の方が申し込んだ、
実績ある人気コンテンツです!


(´-`).。oO(あれやこれやいろんな切り口からおすすめを選んでるよ)


こちらもおすすめ