オーディオブックを知る

名著のオーディオブック価格を比較してみた

同じ内容の本でも、紙の書籍、電子書籍、オーディオブックといろいろな方法で読めるのが今の時代!素晴らしいです。

この記事の結論にもなるのですが、本は販売価格が価値じゃない、ということを伝えたいです。

販売価格よりも、コスパという意味では役に立たない・読みきれないのが一番コスパが悪くて、読み切れて・理解できて・活用できれば一番コスパが良いと思うのです。

でも、ちょっとだけ気になるのが販売価格です。

そもそも同じ本でもそれぞれ価格が違ったりするのでしょうか?少し調べてみました!

いろんな名著の値段を調べてみる

影響力の武器

単行本(アマゾン)→2,916円
電子書籍(キンドル)→販売なし
オーディオブック(Audible)→販売なし
オーディオブック(audiobook.jp)→2,916円

→値段同じ!というか電子書籍になってないんですね。。。

サピエンス全史(上)

単行本(アマゾン)→2,052円
電子書籍(キンドル)→1,900円
オーディオブック(Audible)→販売なし
オーディオブック(audiobook.jp)→2,052円

→電子書籍だけちょっと割安!

人を動かす(新装版)

単行本(アマゾン)→1,620円
電子書籍(キンドル)→972円
オーディオブック(Audible)→販売なし
オーディオブック(audiobook.jp)→2,916円

→電子書籍だけかなり安い!!そしてaudiobook.jpが割高

多動力

単行本(アマゾン)→ 1,512円
電子書籍(キンドル)→ 682円(昔は読み放題対象だった)
オーディオブック(Audible)→ 1コイン(1,500円)もしくは2,500円(会員は30%offなので1,750円)
オーディオブック(audiobook.jp)→ 販売なし

→電子書籍だけかなり安い!!そしてAudibleで単品購入するとちょっと割高!

結論、紙の書籍とオーディオブックはほぼ同じ!電子書籍だけ安いものがあるからチェックしたほうが吉

この4冊を見た感じですが、

  • 紙の書籍とオーディオブックはほぼ同じ
  • ただしオーディオブックだけ割高のものもある(例:人を動かす)
  • 電子書籍は安いものがあるからチェックしておいた方が吉

という感じでした。つまり、数式に表すとこんな感じ↓

【本の販売価格】 電子書籍 ≦ 紙の書籍 ≦ オーディオブック

でした。

販売価格はあくまでそのときの値段ですし、(値段を一応はチェックして)もし大差がなければオーディオブックで読むようにするのがいいんじゃないでしょうか!

というのがこのブログ的な結論でした。ではまた!



カテゴリ:オーディオブック知るの記事一覧へ

今一番読まれている記事↓↓

【どのサービスが良いか、もう迷わせません!】


様々あるオーディオブックのサービス、
どれが良いか迷っていませんか?

目的別にまとめて本ブログの徹底比較記事が
お役に立てるかもしれません。

このブログから既に1,000人以上の方が申し込んだ、
実績ある人気コンテンツです!


(´-`).。oO(あれやこれやいろんな切り口からおすすめを選んでるよ)


こちらもおすすめ
オーディオブックを知る

忙しい人のためのオーディオブック本の勉強法

2018-10-28
【これ読】オーディオブック情報ブログ
みなさんも日々、オーディオブックで色々なテーマの本にチャレンジされていることと思います。 時間がなくて忙しい人でも、知的好奇心を手軽に満たす方法としてオーディオブックは本当に …