毎日更新!ビジネスで成功したい人のための読書ブログ
読書

ブロガー・アフィリエイターにおすすめな『人を操る禁断の文章術』|メンタリストDaiGO|#054 ★★★☆☆

『人を操る禁断の文章術』を読もうと思ったきっかけ

created by Rinker
¥2,500
(2019/08/17 07:48:21時点 Amazon調べ-詳細)
本書では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

この本はブログ・アフィリエイトを始めたばかりのころ、

「何書いたらいいの・・・」「PV全然増えない・・・」

と悩んでいたときに手にした一冊です。

また当時、アマゾンのオーディオブックサイト「Amazon Audible」のベストセラーランキング上位に上がっていたこともあり、これだ!と思って買った一冊です。

>>現在のAmazon Audibleのベストセラーランキング(公式ページへ)

『人を操る禁断の文章術』の内容紹介

この本は「あなたは何のために文章を書くのか?」を問いかけてくれます。

詩人でもない限り、あなたが書く文章には目的があるはずです。

上司や取引先に行動して欲しい、困っている人へ解決策を伝える─、そうした目的がある文章、いわゆる「実務的な文章」をどう書いていくのかを教えてくれます。

3つの文章を書く上で覚えて起きたい原則、7つの心を動かされるトリガーについて書かれており、この本の主要な内容になっています。

特に、《心を動かすメンタリズム文章術の極意・原則》として紹介されている3点、

①あれこれ書かない:相手に起こして欲しいアクションから逆算して書く。狙いを絞る。

②きれいに書かない:感情を揺さぶるような文章を書け。文法的に正しいとかは関係ない。小綺麗でお利口な文章は読まれない。

③自分で書かない:書くべきことは相手の心の中にある。相手の気持ちを想像して書くべし。書くことに迷うのはリサーチが不足している。

については、文章を書く上で常に覚えておきたいポイントです。

<『人を操る禁断の文章術』のもくじ>
まえがき
第1章 文章が持つ力は無限大
第2章 「書かない」3原則で人を操る
第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

『人を操る禁断の文章術』の面白かったところ・得たこと・読んで感じたこと

私達は毎日文章を書いて生きています。

LINEなどのメッセージアプリ、SNSへの投稿、仕事でのEメール、報告書の作成、プレゼン資料、同僚へのふせんでのメモ書きなど。

毎日することだからこそ、ちょっと意識するだけで「大きな違い」を生み出すことが出来ます。

そして、ちょっとの意識=テクニックをこの本から学べます。

あなたがこの本から得られるちょっとの意識が、「あなたが望む未来」を切り開いてくれるでしょう。

以上、「ブロガー・アフィリエイターにおすすめな『人を操る禁断の文章術』」の紹介でした!

オススメ度:★★★☆☆
一言コメント:書いてあることが普遍的で、ずっと聞き返したい本

文章という普遍的なテーマについて書いたメンタリストDaiGOさんの一冊でした。

メンタリストDaiGoさんはオーディオブックマニアということもあり、オーディオブックの展開も沢山されているので、嬉しいですね。

僕はアマゾンのオーディオブックサイト「Amazon Audible」でこの本を読みましたが、audiobook.jpでは現在30%オフで購入可能。ぜひこの機会をお見逃しなく!

created by Rinker
¥2,500
(2019/08/17 07:48:21時点 Amazon調べ-詳細)
本書では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

今なら1冊誰でも無料!


アマゾンが運営するオーディオブックストア。いつでも解約可能



詳細ページ公式ページ