毎日更新!ビジネスで成功したい人のための読書ブログ
読書

学歴関係なし!地頭を鍛えるのに適切な『外資系コンサルの知的生産術』|山口 周|#051 ★★★

学歴関係なし!地頭を鍛えるのに適切な『外資系コンサルの知的生産術』|山口 周|#051 ★★★

created by Rinker
まず必要なのは……「思考の技術」ではなく、「行動の技術」だった! 論理思考やフレームワークを学んでも、仕事がうまくいかないのはなぜ? 劇的に成果が上がる、本当に使える「知的生産の技術」=「行動の技術」を詳しく解説。「ボロボロになるまで本書を活用しきってほしい」

<あらすじ>
まず必要なのは……「思考の技術」ではなく、「行動の技術」だった! 
論理思考やフレームワークを学んでも、仕事がうまくいかないのはなぜ? 
劇的に成果が上がる、本当に使える「知的生産の技術」=「行動の技術」を詳しく解説。

今日の一冊は、知的生産力を鍛えるための一冊。

人間全てが全員が全員頭が良いというのは綺麗事ですが、能力を上手く使えていない場合は多いと感じます。

失礼な言い方ですが、ポンコツな東大卒も沢山見てきました。

一方で超優秀な中卒経営者さんなんかゴロゴロいるわけで。

その差を分けるのは知的生産力だと思います。もっと言うと、考え・アウトプットするための方法論。

考えるという行為は、自分を上手く操って、どう自分の望む結果を作っていくかという一連のプロセスのこと。

どれだけ深く考えたかは、相手から見るとすぐにわかるものです。

考えるための方法論=地頭力の鍛え方は数々の良書がありますが、僕の中で一番はこの本ですね。

抽象的な概念はもちろんのこと、具体的な方法論も書いてくれていて理解しやすいです。

ただ、個人的に一番好きで本質的だと思うのは「とにかく、なんとかするという意識をもつ」という根性論だったりするんですが(笑)

それではポイントを見ていきましょう。

『外資系コンサルの知的生産術』のポイント

知的生産性というのは「思考の技術」そのものよりも、「情報をどう集めるか」とか「集めた情報をどう処理するか」といった「行動の技術」、いわゆる「心得」 によってこそ大きく左右されます。

このタイミングでやるべきことは情報収集ではありません。意外に思われるかも知れませんが、 情報収集はもっとずっと後回しで構わないのです。

大事なのは「最初に整理する」という点です。 知的生産のプロセスに入ってからやるのではなく、プロセスに入る前に「どこで知的付加価値を出すのか?」ということを整理してしまうのです。

知的生産活動に従事する管理職の大事な役割は、「ここまでやれば及第点」というラインを提示すること

プロフェッショナルというのは 80%の力でクライアントを継続的に満足させられる人のことです。 常に100%の力を出そうとするのはむしろアマチュア

ここでは「よい質問を作るコツ」について述べたいと思います。それは「紙に書き出す」 ということです。

情報収集の成否は「腰の軽さ」で勝負が決まる という側面があります。「腰が軽い」というのは「まず行ってみる」「まず聞いてみる」 といった態度で、取れる情報をどんどん取りに行くという行動様式のことです。

皆さんが解こうとしている目の前の問題について、答えはこの世に存在しません。それを解けるのはその問題に直面している自分自身なのだという覚悟を、特に知的生産に関わる人であれば持っていてほしい と思います

過去の研究から、 イノベーションのほとんどは「思いついた人」ではなく「あきらめなかった人」が実現している ということがわかっています。

思考の総量は「考える時間」の量よりも「考える回数」の量によって決まる、 というのが筆者の意見です。

<もくじ>
まえがき
第一章 知的生産の「戦略」
第二章 インプット
第三章 プロセッシング
第四章 アウトプット
第五章 知的ストックを厚くする
あとがき

以上、『外資系コンサルの知的生産術』の紹介でした!

オススメ度:★★★☆☆
一言コメント:知的生産の数々の良書の中でも一番衝撃を受けた一冊。根性論~具体的な技術論まで網羅。

ちなみに、この本はKindle Unlimitedの対象作品で月980円で、この本を含め様々な本が読み放題です。

こんな良い本が読み放題って本当に読書好きにとっては、奇跡の時代と言っても過言じゃないですね。

『外資系コンサルの知的生産術』を含めたおすすめ本は、以下リンクで紹介していますのでよろしければご覧ください!

あわせて読みたい
Kindle Unlimitedのおすすめ本大全!全28ジャンル111冊を網羅【2019年6月版】 こういった疑問に答えていきます。 筆者はKindle Unlimitedが開始された頃からのヘビーユーザーです。 ...

以上、『外資系コンサルの知的生産術』の紹介でした!

created by Rinker
まず必要なのは……「思考の技術」ではなく、「行動の技術」だった! 論理思考やフレームワークを学んでも、仕事がうまくいかないのはなぜ? 劇的に成果が上がる、本当に使える「知的生産の技術」=「行動の技術」を詳しく解説。「ボロボロになるまで本書を活用しきってほしい」

今なら1冊誰でも無料!


アマゾンが運営するオーディオブックストア。いつでも解約可能



詳細ページ公式ページ